日々品種改良中
芋処
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まえばし赤城山ヒルクライムを観戦
2011年 09月 12日 (月) 12:42 | 編集
第1回まえばし赤城山ヒルクライム大会に行ってきました。


と言ってもレースではなく、応援&観戦です。

スケジュールを確認してみると、このレースのスタートが早いこと。
7:00レース開始ですよ。
そうすると、お知り合いな皆さんに挨拶するには、5:00ぐらいに到着しているぐらいが良いでしょうね。

うちから前橋までは約100km。
休憩込みで大体5時間ぐらいかな?
というと、0:00ぐらいには出発か…

そんな素っ頓狂なスケジュールなので単独走だと思っておりましたが、なんと前日にmoryさんが釣れました。
さすがロングの貴公子。
頼もしすぎるぜ!
素敵。

0:00にmoryさんと待ち合わせ。
ちなみに私は22:45に起床。
ワクワクしていたせいか全然眠れず、スタート時点で既に眠気MAXですzzz

とりえあず、ひたすらR17を北上します。
20110911_002.jpg

moryさんは前日の疲れもあるようですし、できればレーススタートまでに遅れたくもないので、序盤は私が先頭固定でひかせて頂くことに。
暗くてメーターが見えないのでペースがわかりませんが、当社比結構頑張って巡航したつもりです。
恐らくL4キープって感じかな?
信号ストップで休憩できるので、なんとかそのぐらいのペースでも巡航できたよ。
よかった。

籠原付近で一旦休憩。
20110911_001.jpg
頑張ったせいか、お腹もペコペコ。
脚にも結構ダメージがあります。
いきなりやりすぎたかな?

その後はmoryさんとローテしながら、順調に北上。
むしろ順調すぎて、予定よりも1時間も早い4:00にスタート地点に到着してしまいました…

当然ながら、4:00は真っ暗。
参加者なんかはほとんどいませんよ。

が、そんな時にお久しぶりのヲレさんとばったり。
ジャージが違がかったから、最初はわかりませんでしたよ(笑)

やる事も無いので、スタート地点付近でボーっと待つことに。
が、完全に睡眠不足なうちら二人。
人が来ないと眠気に襲われて寝てしまいそう…
誰かはやく来て~

なんて思っていたら、我らがニャプテン ネロさんが登場。
20110911_003.jpg

その後もATORさんやなべさん、朝霞のジルベール(自称)ことなりくんといったお知り合いの方々も登場。
20110911_006.jpg

頑張ってね~

ちなみに、スタート地点にはこんなゲートや、大きなモニタなどがあったりして、かなり力が入っている模様でした。
20110911_004.jpg 20110911_005.jpg

うちらはレース観戦&するために、コースの途中まで移動。

しばらくすると、レース中の皆さんが登場。
20110911_008.jpg
余裕がある人、相当苦しそうな人、面白い自転車で登っている人など、いろんな方がいて面白い。

レース中のニャプテン。
20110911_009.jpg

朝霞のジルベール(自称)は、何故かうちらの前でハンドル投げ出してのスプリント。
意味がわかりません(笑)
地元とのおばちゃんも失笑してたよ。
面白かったよん。

そういや、レース中の方から私に向かって「お、バニホ!」と仰っている方がいたのですが、どなただったんでしょう?
まさかレース中の方から声をかけてもらうとは思ってもいませんでした。

結局、最後の最後までレース観戦してしまいました。
4:00に到着の8:00で観戦終了なので、計4時間も赤城山にいたのか…

この大会、第1回とは思えないぐらい素晴らしい運営でした。
例えば、トイレに行こうと思っていたら、スタッフの人がゴミ袋を持ちながら会場を歩いています。
どうやら、レース前にエネルギージェル等を取得すると思うのですが、そのゴミを回収しているわけですよ。
普通ならゴミを背中のポケットに入れながら走ると思うのですが、そういった気遣いができるとは…

また、レースの最後尾には回収車とかが走っているわけですが、さらにその後ろにスタッフの人が自転車で走って、地元の方々に「ありがとうございました。(通行止めで)ご迷惑をおかけしました」と、お礼とをお詫びを言いながら登っておりました。

これには本当に感動。
スタッフの方々の努力がにじみでている大会でした。
正直、運営としては今まで見た中で一番かもしれない。
まだまだ改善すべき点はあると思いますが、数年後には地元からも愛される日本でも有数なヒルクライムになるかもですね。

ちなみに、moryさんと話した結論は、「ヒルクライムは観戦に限る」でした。
やっぱヒルクラは登るより観戦した方が面白いや(笑)


観戦後は桐生や足利を抜け、第2の目的地である宇都宮を目指します。
20110911_011.jpg

この頃から太陽も元気に活動し始めて、かなり暑い状態。
涼し方最近に慣れたせいか、かなりこの暑さにやられ、ペースもスローダウン。
眠気と暑さでヘロヘロです。

途中、ガソリンスタンドのおっちゃんに「赤城山行ってきたの?」と声をかけられたり。
この大会、意外と地元の人に浸透しているのかな?

淡々と走り、「道の駅にしかた」にて休憩。
20110911_010.jpg
私、道の駅が好きで、1人でツーリングしている際に道の駅を見つけると、必ず休憩しちゃうんですよ。
意外な物があったりしておもしろいのよ。

本来の予定では宇都宮に行って古賀志林道を走る予定でしたが、ちょっと時間が厳しい事が判明。
なんか雨も振りそうな予感もしていたので、残念ながら古賀志林道は諦めて、宇都宮駅に直行する事に。
宇都宮から輪行で帰りました。
20110911_012.jpg

当然ながら、電車内では二人とも爆睡。
グリーン車で帰ったので、かなりゆっくり休みながら帰れました。
楽チンだった~

というわけで、こんな変なツーリングにお付き合いしていただいたmoryさん、ありがとうございました。
赤城山ヒルクライムに参加した皆さん、お疲れ様でした。
また来年も頑張ってくださいね!


Dst:204km
Comment
この記事へのコメント
いや~
凄く楽しかったです♪
行きのイモさんの漢引きにはビビりましたがw
大会自体も雰囲気がよくて、初開催とは思えないくらいでしたね。
お誘いいただきありがとうございました!
2011/ 09/ 13 (火) 18: 14: 27 | URL | mory # -[ 編集 ]
応援ありがとうございました
ああもうびっくりしました。
しかしおかげさまでがんばれました(当社比)(一瞬)。
とてもいい大会なので、来年はみんなでいかがかしら?

で、私が観戦しますv-8
2011/ 09/ 13 (火) 19: 06: 52 | URL | おノロ # mQop/nM.[ 編集 ]
>moryさん
私の突拍子もない計画にお付き合いいただき、ありがとうございました。
レースに向けての練習も良いですが、やっぱこういう楽しみ方もいいですよね。
赤城は本当に良く考えられた素晴らしい大会でしたね。
感心しまくりでした。
またどこかロングに行きましょう!


>ニャプテン
お疲れさまでした~
前日、アベちゃんが「応援に行きたいけど~」とつぶやいていたので、代理で応援してみました。
いやー、サプライズできてよかった。
ほんと赤城は良い大会でしたね。
是非地元に根付いた大会にしてもらいたいものです。
私も来年は応援しております(笑)
2011/ 09/ 13 (火) 21: 02: 34 | URL | イモグラブ # qbIq4rIg[ 編集 ]
来年は是非!
応援ありがとうございました。
おかげで序盤で力を使い切ったような…いやゴールまで頑張れました。
運営面も良かったですがコースも走り応えがあるし沿道の応援がハンパなく多いのでテンション上がりますよ。
しかし、あれから宇都宮に行ってたとは驚きです。
ペースが旅情派の時にはご一緒したいものです。
2011/ 09/ 13 (火) 22: 14: 40 | URL | なり # -[ 編集 ]
>なりくん
お疲れ様でした~
さすが朝霞のジルベール(自称)、見事な爆発力でしたよ。
その後、思いっきりタレたであろうと予想もできましたがね(笑)
全コース見てないのですが、どうやら相当応援が凄かったらしいですね。
富士ヒルクラなんかよりも魅力的だな~
ま、来年も応援ですが(笑)
是非一緒に旅情しましょう!
楽しみ楽しみ。
2011/ 09/ 14 (水) 12: 50: 06 | URL | イモグラブ # qbIq4rIg[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 芋処 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。