日々品種改良中
芋処
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
震災復興チャリティーレース 野田NCAカップ MTB3時間エンデューロ
2012年 03月 13日 (火) 10:55 | 編集
山芋です。
3/11に野田で開催されたチャリティーレースに参加してきました。


今回はチーム物見山のag_ohkiさんとペアで3時間エンデューロにエントリーです。

ピットを設置してから軽く試走。
この日は曇~晴れという天気でしたが、前日までガッツリ雨が降っていたので、見事なマッドコンディション。

こんな感じ。
20120313_011.jpg
photo:Makoto Asakura

野田はアップダウンが無いので空気圧高めにセッティングしていたんですが、これじゃダメすぎる。
全くグリップせず、曲がれないし登れない(笑)
慌てて空気圧を下げて緊急対応。
ゲージなんか持っていなかったので、リム打ちしないだろうってくらいの適当な管理。
これがバッチリ♪
しっかりグリップしてくれるようになって満足満足。

イベント前半はシクロクロス。
20120313_001.jpg
頑張れ~

シクロの応援は楽しいね。

で、3時間エンデューロのスタート。

スタート直後はこんな感じの大混雑で、なかなかのカオス状態。
20120313_002.jpg

1周だいたい10分ぐらいなので、うちらは2周毎に交代する作戦。
てか、2周も走ったら体が限界。
ロードよりも負荷が高いので、これ以上は走れませんがな。

難しいポイントに挑むohkiさん。
20120313_004.jpg
頑張れ!

色々な方の応援をしつつ写真を撮影するなど。

以前トレイルでご一緒させていただいたtakheadさん。
20120313_003.jpg
やっぱ上手い人はカッコイイなぁ…

しばらくしたら私の出番。
レッツラゴー。

んーと、なんかコースが難しくなっているよ。
レースで土がこねくり回され、完全にヌタヌタ状態。
平地でもカーブ曲がれずにコースアウトしそうになったりするし(笑)

泥の粘土もあがっているので、すぐノブに泥がつまってスリック状態。
登りでリアタイヤが空転して登れない(笑)

このコースは基本難易度が低い初心者向けなのですが、2ヶ所ほど小さな激坂があってこれが難しい。
最初の激坂はそのうち登れるようになりましたが、2つ目の激坂が結局一度も登れずに撃沈。
毎回真ん中に生えている竹にしがみついて落車をしのいでいましたよ(苦笑)

しかし、久しぶりの自転車はキツイな~
高負荷に慣れていなから、心肺がしんどい。

相当頑張っている私。
相変わらず死にそうですがな。
20120313_008.jpg
Photo:Kasukabe Vision FILMz

初回交代したら、咳が止まらずピットで撃沈。
ふひー、参った参った。
でもやっぱ楽しいね♪

レース途中で見かけたいちごオ・レトレイン。
20120313_005.jpg
参加者からも大人気でした。
あのジャージいいなぁ…

いーかんじで泥スプラッシュのohkiさん。
20120313_006.jpg

え、DHバイクでエンデューロですか!?
20120313_007.jpg

しかし、ohkiさんの追い込み具合が凄すぎる。
走る前は「今日はサイクリングだから」って言っていたに、毎周もがいて全力を出しきっているよ。
あの根性は凄すぎだ…
少しは見習わないと。

そんなこんなで楽しく走っているうちに3時間終了。
ソロ部門はSFIDAのトビーさんが優勝。
20120313_009.jpg
おめでとうございます!
王滝での活躍、期待しております!

我々の結果は総合16/92位、ペア8/25位でした。
あー、楽しかった。

レース後のNINER君。
20120313_010.jpg
いーかんじの泥具合です。

このレースは大会名の通り震災復興チャリティーになります。
その内容は1周する毎に100円を寄付すること。
我々は18周したので1,800円の寄付をしました。
こういう趣旨っていいね。
もっと増えるといいなぁ。


改めて思ったけど、やっぱMTBは最高に楽しい。
シングルトラックの下りをうまく走れたり、激坂を登れるようになった等といった成功時の爽快感。
逆に泥で平地が進まない、コーナーでリアが滑って転んだ、下りで前転した等の失敗談。
これらが自分で出来て成長を確認できたり、仲間とお互いの失敗を笑い合って楽しんだりなどができるわけです。

ロードはこれら要素があまり無いため、どうしても他人と比べた際の順位やタイムしかないわけで、魅力が薄れつつあります。
MTBはタイムや速さはさほど重要ではなく(レースでは重要ですよ)、自分がこれができるようになったか、どれだけ楽しく走れたかが重視されているように感じています。
少なくとも私の周りでは。
なので、MTBを走りにいくといつも笑顔なんでしょうね。

とは言え、環境の都合上、これからもロードがメインなのは間違いないと思います。
乗る以上強くはなりたいとは思いますが、速さや数値だけを求めず、笑って自転車に乗れるよう、常に楽しめる自転車乗りになりたいなと改めて痛感した1日でした。
Comment
この記事へのコメント
どろんこー
たのしそうですな!
ロードはスピード重視でMTBはテクニック重視で、走る場所も違うし、じつは似て非なるもんですよね。
私はMTBのレースに出てみたいけど、機材運搬と手入れの敷居が高いです、うう。
ロードは軽いし、手入れしやすいのも人気の理由かもしれませんね。

ちなみにスキーはスピードとテクニックが同時に楽しめてアタクシとても楽しいです。運搬も手入れもなんとかなってます(と無理やりスキー話)。

というわけで、そうだ、スキーに行こう(またそれか!なはは、笑ってゆるしてー)
2012/ 03/ 14 (水) 09: 54: 44 | URL | ネロ # mQop/nM.[ 編集 ]
>ニャプテン
確かにMTBは気軽にできない分敷居は高いけど、それを十二分に補う魅力がありますよね。
車運転できるようになったら、一度どっかのエンデューロにでもまったり出場してみましょ。

そうそう、ロードは気軽にできるのも魅力ですよね。
ロードはロードの、MTBはMTBのそれぞれ違った魅力があるわけで、どれを選ぶかは本人の自由。
でも、その世界を知っているのと知っていないのでは随分違うと思います。
視野を広く持ち、色んな世界に興味を持ちたいなと思っております。

というわけでスキー行こうじぇい♪
2012/ 03/ 16 (金) 09: 44: 06 | URL | イモグラブ # qbIq4rIg[ 編集 ]
ご無沙汰してます。
花粉症で早々に退散したのですが
ちょっとだけ福田に居ました。
バニホジャージが視界に入って
「あれ?もしかして?」って
思ったのですが。
お声掛けるタイミング逃して
しまい失礼しました。

「竹にしがみついて」判りますー!
やります思わず。あそこですよね!
想像して笑っちゃいました!

仰る通り、小さなイベントながら
笑い声いっぱいの楽しいひととき
でしたよね。

2012/ 03/ 16 (金) 09: 45: 30 | URL | シンジュクク # -[ 編集 ]
>シンジュククさん
おぉ、現地へいらしていたのですね。
お会い出来ずに残念でした。

やはりあそこの坂は難しいですよね!
共感していただきとても嬉しいです(笑)
上手い方はさっくりクリアできるみたいなので、技術不足を痛感している次第です。

ほんとこの高いは小さいながら一体感があって、とても素敵ですよね。
輪工房さんには感謝感謝です。
大きいのも良いですが、こういった温かみのある大会がいっぱい増えてくれると嬉しいです。
2012/ 03/ 19 (月) 13: 17: 03 | URL | イモグラブ # qbIq4rIg[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 芋処 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。